画像圧縮で高速化!フリーオンラインサイトTinyPNGがやはり便利

Googleが2018年7月に行うスピードアップデートを目前に、ブログの高速化に力を入れている人も多いはず。

それには画像容量を小さくすることが必須ですが、みなさんはどうやって画像圧縮していますか?

私は定番のTinyPNGを使っています。

オンライン上でフリーで使えて圧縮率が高い(今回のテストでは-76%圧縮)、やはり便利です。

ちなみにTinyJPGというサイトもあって、見た目も使い勝手も同じなのでどちらを使っても大丈夫です。

TinyPNGとTinyJPG

画像の圧縮サービスとしては一番有名な、パンダのイラストが印象的なサイトです。

オンラインのウェブサービスなのでブラウザだけで使えてインストールは不要!

使いやすさ、圧縮率ともに申し分ありません。

古い記事には「TinyPNGは、PNGしか圧縮できない」とか書かれていますが、今はJPEGにも使えます。

JPEG用にTinyJPGができて、今では両方ともPNGとJPEGに対応したという流れのようです。
TinyPNG – Compress WebP, PNG and JPEG images intelligently
Make your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your WebP, PNG and JPEG images by 50-80% while preserving full transparency!
TinyJPG – Compress WebP, PNG and JPEG images intelligently
Make your website faster and save bandwidth. TinyJPG is the best automatic WEBP, JPEG and PNG optimizer and compresses your WEBP, JPEG and PNG images by 40-60%!

TinyPNG、TinyのJPG使い方

使い方はいたって簡単です。

TinyPNGまたはTinyJPGのページを開き、中央の「.pngまたは.jpgファイルをここにドロップしてください」の部分にファイルをドロップするだけ。

また同じ場所をクリックすればファイル選択の画面が現れるので、そこでファイル選択してもOKです。

最大で20枚を一括で圧縮してくれます。

後は圧縮されたファイルをダウンロードするだけです。

ダウンロードはzip形式ですが、直接Doropboxに保存もできます。

Doropboxなら解凍の必要もありませんし、PCとスマホで同期できるので、大抵はこちらを使っています。

画像の比較

TinyPNGを使って圧縮した後の画像(JPEG)を貼ってみました。

元の画像は603KB、TinyPNGで圧縮すると144KB、-76%も圧縮されています。

圧縮前603KB

圧縮後144KB

画像の違いがわかりますでしょうか?

私には違いが感じられないので、いつも圧縮しています。

圧縮率は画像によっても違いますが、大抵60%以上削減できます。

TinyPNG – Compress WebP, PNG and JPEG images intelligently
Make your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your WebP, PNG and JPEG images by 50-80% while preserving full transparency!

EWWW Image Optimizer

画像の圧縮にEWWW Image Optimizerプラグインを入れている人も多いと思います。

というより、WordPressの必須プラグインといっていいので、導入していない人の方が珍しいでしょう。

当然私も入れてます。

ただフリー版では圧縮率が高くありません。

今回使った画像は元からある程度圧縮されていたのかEWWW Image Optimizerでは圧縮されませんでした。

*何度か最適用していたら394KBに圧縮できました。

394KB

それでもTinyPNGと比べるとまだ倍以上の容量があります。

軽量化を図るならTinyPNGと併用した方がいいみたいです。

 

にしても、TinyPNGとTinyJPGがややこしい……。

タイトルとURLをコピーしました