スマホの有機ELディスプレイと有機ELテレビのディスプレイは別物だった

スマホ用の有機ELディスプレイは高画質で消費電力も小さいことから、今後も採用機種が増えていくことは間違いありません。

また、有機ELテレビも高画質を売りに液晶テレビからの置き換えが進んでいます。

実は、スマホ用とテレビ用、同じ有機ELでもその仕組みは違うのです。

簡単に言うと、スマホ用の有機ELは3元色の有機ELを組み合わせたもの、テレビ用の有機ELは白色発光とカラーフィルターの組み合わせです。

まずは液晶ディスプレイのおさらい

液晶ディスプレイは大きく3つの層で構成されています。

バックライト、液晶、カラーフィルターです。

バックライトはディスプレイ全体に光を放つものでLEDなどが使われています。

液晶は、光を透過させたり遮断したりできるもので、バックライトの光を透過させた部分は明るく、遮断した部分が暗くなるという形で映像を写します。

カラーフィルターは、特定の色の光だけを透過させるものです。色つきのセロファンみたいなもので、赤、緑、青の3元色のフィルターが画素毎に設定されています。

赤いフィルターの部分の光を透過させて、緑、青のフィルターの部分の光を遮断すると、画面が赤くなるという仕組みです。

暗い画面の表示は、バックライトは光を放ったままで液晶がその光を遮断しているので、電力の無駄遣いをしているようなものです。

有機ELテレビのディスプレイ

テレビ用の有機ELディスプレイは、有機ELとカラーフィルターの組み合わせでできています。

各画素に配置された有機ELが光(白色光)を放ちます。このとき画素ごとに、発光する光の強さを調整できるようになっています。

赤いカラーフィルターの部分の有機EL素子が光を放ち、緑、青の部分の有機EL素子は発光しないようにすると、画面が赤くなる仕組みです。

液晶とは違い、暗い画面では光自体を放っていないので、消費電力を抑えることができます。

また、液晶は光を遮断するといっても100%遮断できないので暗い映像がぼやけてしまうのですが、有機ELテレビは光自体を発生させないのではっきりとした黒が表現できます。

でも、まだ無駄な部分があります。

カラーフィルターです。

赤いカラーフィルターは、赤い光だけを透過させて他の光を遮断するものです。有機ELが放った白色光のうち、赤い光以外を遮断するという無駄が発生しているのです。

スマホ用有機ELディスプレイ

スマホ用の有機ELディスプレイは、赤い光を放つ有機EL、緑の光を放つ有機EL、青い光を放つ有機ELと3元色それぞれの発光素子を並べたものです。

カラーフィルターは全く使用しません。

理論的には、電力の無駄なく映像を写すことができるのです。

しかし、まだテレビ画面ほどの大きいディスプレイを安定して製造する技術がありません。

原理が違うから得意メーカーも違う

テレビ用の有機ELディスプレイは、LG Displayが得意とし、スマホ用の有機ELは、Samsung Displayが得意としています。他のメーカーも開発を進めていますが、2018年3月現在では、まだこの2社の独壇場です。

原理が違うので、得意とするメーカーも違うということです。

ともに韓国のメーカーですが、少しずつ中国のメーカーが有機EL分野に進出し始めています。

日本は……?

とりあえず、有機ELの原材料や製造装置は、ほぼ日本の独壇場です。