電子ギフト券を安く手に入れる方法

ギフトコード

amazonギフト、GooglePlay、iTunes、電子ギフト券を使う機会が増えてきました。

何とかして安く手に入れたいものですね。

今回は、電子ギフト券、電子ギフトコードを安く手に入れる方法を説明します。

オークションで電子ギフト券を購入する

基本的にオークションサイトは電子ギフトの売買を禁じています。

ですから闇出品で見つけても購入は控えた方がいいでしょう。

オークションサイトの禁止事項を行っているので、詐欺にあっても対応してもらえません。

電子ギフト券売買仲介サイトの利用

電子ギフトカード個人間で売買するのは危険です。

電子ギフト券の売買を仲介するサービスがあるので、それを利用しましょう。

ギフト券の現物ではなく、ギフトコードのオンライン取引なので、手間もなくすぐに購入できます。

以前は、詐欺行為もよくありましたが、今ではサービス側が厳しく取り締まり、万が一購入したギフト券が無効だった場合でも、返金補償制度があります。

Giftissue(ギフティッシュ)

Giftssueは、DAYNEEDS株式会社が提供している電子ギフト券売買仲介サービスです。

ギフテッシュ

販売手数料が2%と安く利用者も多いサービスです。

無効保障は購入後30分までですので、買ってすぐに確認しましょう。

ギフティッシュへ

amaten(アマテン)

amaten株式会社が提供する電子ギフト券売買仲介サービスです。

アマテン

出品手数料1.99%で、ギフティッシュと同様に購入後30分までなら無効保障があります。

amatenへ

べテルギフト

株式会社ノア商社が提供している電子ギフト券売買サイトです。

出品手数料1.9%で、こちらも購入後30分までなら無効保障があります。

ベテルギフトへ

どのサービスを使うのがいいの?

どのサービスを使うのがいいのか? と聞かれると返答に困ります。

答えるとすれば、全てです。

サービスも手数料もほぼ横並びです。

安く出品されている電子ギフトを探して購入することになるので、多くのサービスに登録していた方が掘り出し物を見つける可能性が高くなります。

どのサイトを使っても10%オフくらいは当たり前、それより安く買うことができますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました