年功序列は不満も利用するシステムだった

年功序列の何がいけなかったのか? 不満による生産性の低下という記事で、年功序列では社員が不満を持ちやすいので、生産性が低下するという趣旨の説明をしました。

実はそう単純なものではありません。

年功序列は、そう不満も利用するシステムでした。

そのことを書き漏らしていたので、改めて記事にしたいと思います。

年功序列が良いというわけではない

説明を始める前に言っておきたいことがあります。

年功序列は良いシステムだとか、年功序列に戻すべきだとか、そんな主張をするつもりはないということです。

年功序列は日本の高度成長期を生み出したので、当時の日本には合っていたのかもしれません。

しかし現在は違います。

変化の激しい時代、グローバルな時代、安定成長が望めない時代、こんな時代に年功序列は絶対にあり得ません。

ここでは、今後を考えていく上で、もう一度年功序列とは何だったのか振り返っておくのが目的です。

話がそれましたが、誤解されないよう趣旨を書かせていただきました。

年功序列での不満

「あんな奴が年齢が上だというだけで、なんで俺より給料をもらってるんだ」

前回の記事で書いた、年功序列で産まれる不満のひとつです。

今でも同じ不満を持っている人は沢山います。

でも現在の人が感じる不満より、昔の人の不満は小さかったと思います。

不満が小さいというより、不満を膨らませにくい環境にあったと言った方がいいかもしれません。

なぜなら「会社とは(組織とは)そういうもの」だったからです。

不満を持つのは自分だけじゃない、どこの会社でも同じ、誰もが通る道、と諦めがつく環境だったのです。

今は違います。

色々な会社があります。

自分が勤めている会社も「年齢ではなく実力で評価する」と建前では言っているかもしれません。

そこに年功序列的な評価が残っていたら、昔とは比べものにならないくらい大きな不満になるでしょう。

昇級への不満

かつての年功序列制では、昇級への不満がよくありました。

「なぜ、あいつの方が先に昇格するんだ?」

といった不満です。

年齢なら仕方ないとしても、同期で差がつけるのは公平でないと許せないといったところです。

昇格、昇級は、かなりいい加減なところがありました。

上司に気に入られたから、運良くポストが空いたから、などの理由で差がついたのです。

「よく我慢したな」と思いますが、これも「サラリーマンってそんなものさ」という諦めがありました。

それだけではありません。

年功序列制度は、この不満を利用する仕組みになっていたのです。

不満を利用する仕組み

昇格に差が出るといっても、所詮年功序列です。

数年違うだけです。

そのくらいの差は取り返せます。

同期の間に、取り返しがきく程度の差をつけることで、逆に競争をあおることができたのです。

取り返しがつかなくなるのは、最後の上がりの部分です。

役員になれるかなれないか。

そこまで、競争させるシステムだったのです。

最近では、若いうちから取り返しがきかないほどの差をつけることも珍しくありません。

その評価が納得できるものでなかったら……やる気をなくしてしまうでしょう。

年功序列時代の不満

年功序列の問題点として、公平さがないため不満を持ちやすいう点がよく挙げられます。

しかし、昔は現在の人が想像するほど大きなものではなかったのです。

現在でも年功序列的な状態が続いている会社、そこで働いている人の不満は当時の比ではありません。

この点だけを考えても、今の時代に年功序列は合わないことがわかります。