スマホで自撮りは若い女性だけのものではない。おじさんも知っておきたい自撮りの常識

自撮りといえば、若い女性がするものというイメージはありませんか。

そう思っている人は考えを改めましょう。

自撮り文化は、年代も性別も国境も超えて広がっています。

時代に取り残されそうになっている、おじさんに向けて「知っておきたい自撮りの常識」を紹介しましょう。

セルフィーとセルカ

自撮りのことをセルフィーとかセルカなどと呼ぶことが増えています。

セルフィー(selfie)は、英語で自分撮りを表す省略語として使われている言葉です。

比較的新しい造語ですが、2013年にオックスフォード英語辞典の「今年の言葉」に選れ正式な英語として掲載されています。

一方、セルカは韓国で生まれた「コリアンイングリッシュ」で、セルフカメラの略です。

日本では日常的には「セルカ」を使うことが多く、自撮り棒はセルカ棒、自撮り用レンズはセルカレンズと呼ばれています。

セルフィーはちょっとオシャレ過ぎて、セルカの方が日本人に合っている気がしますね。

≫≫魔法のスマホケース登場!自撮りも動画もインスタもWAYLLY!

自分で撮るのが自撮り

こんな見出しをつけたら「バカにするな!」と言われそうです。

しかし「自撮り」と聞くと、自分の顔をアップで撮った写真をイメージする人もいるのではないでしょうか。

当たり前ですが、自分の顔が写っている写真を自分で取れば自撮りです。

観光地での記念撮影でバックの景色がメインでも、自分の顔が写っていれば自撮りです。

自分だけではなく、大勢で写っていても自撮りです。

写真はスマホで撮影することが主流になり「すいません。シャッターを押してもらえませか」と人に頼むことが減り、自撮りする時代になったのです。

こう考えれば、おじさんだって自撮りする機会は多いことがわかるでしょう。

どうやって自撮りするのか

顔をアップで写すだけが自撮りではない、とは言うものの、腕を目一杯伸ばして撮影してもアップになってしまいます。

どうやって自撮りで記念撮影するのか疑問に思う人もいるかもしれません。

そんな時のために、セルカ棒やセルカレンズがあるのです。

セルカ棒

再度言っておきます。自撮り棒のことです。

スマホを固定できるようにした棒を使って、離れたところから撮影できるようにしたものです。

昔は手作りで自撮り棒を作り、スマホのセルフタイマー機能で撮影したりしていました。

今では、デザインも良く、コンパクトに持ち運べ、セルフタイマーを使わず有線またはBluetoothでリモコン操作できるものが多数販売されています。

安いものでは1000円程度の値段で買えるので、旅行に行くときはセルカ棒を携えてみてはどうでしょうか。

セルカレンズ

セルカレンズは、スマホカメラのレンズにつける広角レンズです。

普通に手を伸ばして撮影するだけなので、人の目も気になりません。

クリップ形状でスマホを挟み込むだけで簡単に装着できるものが主流ですので、スマホに洗濯バサミのようなものをつけているのを見かけたら、それがセルカレンズです。