ちょっと変わったスマホの活用術

*本記事は「記事作成センター」さんに執筆をお願いしたサンプル記事です。

「スマートフォン」は、いわゆる「携帯」というよりは、小さいパソコンと呼んだ方が適当でしょう。スマホは連絡ツールとして以外にも、外部機械と連動させ、農作物の管理をしたり、経理・会計を簡略化させたりと、大活躍です。

しかし、スマホの可能性はまだまだそんなものではありません。今回は、ちょっと変わったスマホの活用術を紹介します。

すっかり生活必需品となったスマホ、余らせていませんか?

ビジネスマンにとっても必要不可欠な存在「スマートフォン」。大きくわけてAndroidとIOSの2種類が代表として知られています。

従来の携帯電話と同じように、Androidであれはauやドコモなど、IOSであればソフトバンクなどの携帯電話会社と契約する必要が原則的にあります。

分割払いが基本なので、あまり気にならないかもしれませんが、かなり高いお買い物です。

ガラケーもいまだ現役とはいえ、スマートフォンはガラケーでは出来なかったことが色々できます。

そんな高性能なスマホの利用を、連絡やソーシャルゲーム、ネットサーフィンに絞ってしまっては、少々もったいないと言えるでしょう。

使っているスマホ、使わなくなったスマホにも様々な用途があるのです。

使わなくなったスマホも「活用」できる?

機種変更によって使わなくなった携帯電話。どう処分すればいいのか困ってしまいますよね。

そのまま捨てるわけにもいかないので、迷った挙句、机の引き出し等にしまいこんでいるケースも多いのではないでしょうか。

しかし、そんな使わなくなったお古のスマホも再活用できるのです。その方法をご紹介しましょう。

音楽や動画再生専用機器として活用する

使わなくなったスマホを、音楽プレイヤー・動画プレイヤーとして使ったり、スマホ専用のアンテナを購入して、ワンセグ対応にしつらえ外出先でもワンセグ視聴を可能にするといった活用方法があります。

複数のタブを同一画面に表示できるパソコンと異なり、基本的にスマートフォンは画面に1つのタブしか表示できません。

なにか作業をしながら動画視聴しようにも、作業中は動画が見られませんし、動画を見ていると作業ができません。

スマホを2台活用して、片方で動画視聴、片方で作業という風に使い分ければ、タブを複数表示できます。

(監視)カメラとして利用する

本式のカメラにこそ劣りますが、スマートフォンに搭載されているカメラもそれなりの性能を誇ります。特に機種が多数存在するAndroid端末には、カメラ性能に特化している機種もあり、撮影された画像は美麗さを誇ります。

また、そんなカメラ機能を活用し、自宅監視用のカメラやドライブレコーダーとして使用するパターンも少なくないようです。

固定用のスタンドが必要ですが、監視カメラを一から買うよりも安上がりですし、ドライブレコーダーとして利用する際は、2台目の予備スマホとして持ち歩くことも可能です。

監視カメラやお留守番カメラとして流用するための、専用アプリなども配信されています。

リフレク

スマホで保険?

変わったスマートフォンの活用術を紹介しましょう。

スマートフォンを活用した車の保険が、損害保険ジャパン日本興亜株式会社より提供されています。

カーナビアプリで集めた走行データを元に、安全運転していたかどうかを判別して、その分保険の割合を増減するというもの。また、目的に応じたルートを提示する機能などもついています。

安全運転していたが、不運にも事故にあってしまったという場合は、運転手側の過失がないため、保険が多く適用されます。逆に運転手が危険運転をしていたなら、その分保険が減ってしまいます。

スマートフォンのカーナビアプリとも連動しているため、事故によって損傷したとしても、車備え付けのカーナビよりはデータが残る可能性が高いと言えるでしょう。

これも立派なスマホの活用術です。

このほかにも、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、安全運転をサポートするアプリであったり、エコドライブなのかどうか診断してくれるアプリなどもリリースしています。

国土防衛省が提案する船上での活用

国土防衛省は、海上での船舶事故を減らすための試みとして、スマートフォンの専用アプリの開発を進行させています。

日本では毎年2000隻以上の船舶に、船舶同士の接触事故による被害が出ています。

そして事故の被害者の7割は小型船舶であり、防止のための装置の開発が望まれています。

当然開発コストが必要となり、更には船舶を所有する人はそれを購入する必要が生じます。

それらの金銭コスト問題を解決するために、広く普及しているスマートフォンを流用しようという試みが提案され、平成29年より実験がはじまりました。

アプリに搭載される機能の有力候補は、他船接近警告機能、危険海域接近警告、緊急連絡機能、船行情報支援機能など。そう遠くない未来に、一船にかならず専用のスマホが設置される時代がくるかもしれません。

まとめ

以上、スマートフォンの変わった機能・使い方の紹介でした。

機種変更して使わなくなったスマホでも活用できます。売ることで多少お金にもできますし、格安SIMを購入して格安スマホとして利用することも可能。

また、ここで紹介した以外の機能もまだまだ存在します。自分のスマホで何ができるか気になった方は、色々な使い方を調べてみてはいかがでしょう。

関連記事

無料で2000字のサンプル記事を書いてくれるというので頼んでみた
記事作成センターさんが、アフィリエイター向けに無料記事作成キャンペーンを開催中しています(2018年3月1日時点)。通常1000字のところ今だけ2000字の記事だそうです。(いつまでかわからないので記事作成センターHPで確認下さい)...
記事作成センターにお願いしたサンプル記事ができたので読んでみる
記事作成センターにお願いしたサンプル記事が完成しました。タイトルは「少し変わったスマホの活用術」どんな記事になったでしょう。